ORAD MEDICAL NEWS 2007/12月号

最新の医療法の改定の情報や最新の医療空間デザインなどをいち早くご紹介します。

〔医療と介護の経営情報〕

2008年4月からの医療制度改革に如何に対応し
生き残るのか、医療及び介護の今後の展望は!
最新情報ニュースが将来展望のお役に立てば!
今後の事業計画にぜひ共に参加したいと考えます。

■08年度厚労省予算は3.0%の微増(政府〜、12/20)

政府は、2008年度予算財務省原案を了承、各省に内示。
厚生労働省予算は、07年度当初予算を3.0%上回る総額22兆1179億円であり、
復活折衝を経て24日に決定。
個別項目では、医師確保対策で161億円を計上。

■「療養病床転換支援資金」を創設し病床転換を促す(予算〜、12/20)

介護保険関連は、医療法人などの介護療養病床の転換促進のため
「療養病床転換支援資金」を創設する。
個別項目では、大規模団地における介護サービス拠点などの整備として
国土交通省と「高齢者安心住空間整備事業」により介護基盤の整備をおこなう。

■認定書発行病院が2417病院に(病院機能評価〜)

日本医療機能評価機構は、22病院に対し病院機能評価の認定をした。
これで、認定発行病院の合計は2417病院となった。

■08年度診療報酬改定率をマイナス0.82%に(政府〜、12/17)

08年度の診療報酬改定率を−0.82%とすることが決定。
02年度から4回連続のマイナス改定となる。

■脳卒中の後遺症や認知症患者を除外(中社保〜、12/14)

中央社会保険医療協議会報酬基本問題小委員会は、
特殊疾患療養病棟入院料や障害者施設等入院基本料に関する方針を決めた。
特殊疾患療養病棟入院料1と障害者施設等入院基本料の対象疾患から
脳卒中の後遺症患者を、特殊疾患療養病棟入院料2の対象から認知症患者を
それぞれ除外する。
対象外となった患者については4月1日から数ヶ月の移行のための
経過措置を設けるとともに、新たに「退院調整料」を設定し、
対象外の患者を他の病棟などへ移行させた場合を評価する。

■診療報酬改定の諮問は1月の16日に(厚労省〜、)

08年度の診療報酬改定内容は08年1月16日に、
厚生労働大臣が中央社会保険医療協議会に諮問する。
内閣の改定率を受け、基本方針に基づき、
中医協は厚労相に対して新点数を2月半ばに答申する。

■診療報酬改定基本方針を示す(厚労省〜、12/3)

厚生労働省は、勤務医の負担軽減などを盛り込んだ
「08年度診療報酬改定の基本方針」を中央社会保険医療協議会に示した。
社会保障審議会医療保険部会と同医療部会がまとめたもので、
具体的に検討をすすめる。

■社会医療法人の医療保険業は非課税に(与党の税制改正要綱〜、11/13)

与党は08年度税制改正要綱で、社会医療法人の法人税率について、
社会福祉法人などと同様に医療保険業は非課税とする方針を固めた。
収益事業の法人税率22%の軽減税率となる。

■医療貸付の利率を0.1%引き下げ(福祉医療機構〜、12/12)

独立行政法人福祉医療機構は、
病院などに対する医療貸付利率(固定金利)を全項目で0.10%引き下げた。
病院や診療所などの新築資金の利率を1.7%としたほか、
介護老人保健施設への貸付利率も1.8%とした。

■後発品の3割以上使用の薬局を評価へ(08年度診療報酬改定〜、12/5)

08年4月の診療報酬改定では、
後発医薬品の調剤率が30%以上の保険薬局の調剤基本料を引き上げ、
達しない場合は引き下げる方針だ。

■ダイヤラオザーの一定幅を3.5%引き下げ(医療材料専門部会〜、11/30)

中央社会保険医療協議会保険医療材料専門部会は、
08年度保険医療材料価格改定で、改定時の一定幅をダイヤライザーの7.5%に、
フィルムを4%に引き下げることを決定。

■回復期リハ病棟に成果主義導入へ(中医協小委〜、11/30)

在宅復帰を進めるため、
08年度診療報酬改定では回復期リハビリテーション病棟入院料に
成果主義を取り入れる方向だ。
在宅復帰率や一定程度の重症患者の受け入れなどの指標を活用し、
専従医師の配置などの要件も見直す。

■7対1は患者の重症度などで評価(中医協小委〜、11/30)

7対1入院基本料を策定できる医療機関は、
「一般病棟の重症度・看護必要度に係る評価票」を用い、
一定以上の点数の患者が一定程度以上いる医療機関を対象にする。
病棟単位の評価を求める意見も有ったが、病院単位での評価を継続する。

Copyright (C) ORAD Corporation. All Rights Reserved.