ORAD MEDICAL NEWS 2018/9月中旬号

最新の医療法の改定の情報や最新の医療空間デザインなどをいち早くご紹介します。

最近は異常気象現象が多く、今後何が起こるか心配であります。

  医療・介護の動向は いち早く方向性をとらえて、
       色々な面でお役に立つように 努力を致します。

担当:浅井 info-orad@onocom.co.jp
 医療情報の提供、「かかりつけ医機能」なども報告事項に 
(厚労省〜、9/12)

 厚生労働省は、「医療情報の提供内容等のあり方に関する検討会」の第11回会合を開き、  「医療機能情報提供制度」の報告事項として、新たに「かかりつけ医機能」や「病院の機能分類」  などを追加する改正案を示し、了承を得た。また、加えて制度開始から10年以上が経過し当時と環境が大きく変化したとして、  制度の見直しに関す議論を紹介。見直すには、利用する皆さんの利便性や、自治体・医療機関等の負担等も考慮した上の対応が必要との考えを示した。

在宅医療の充実へ、都道府県が取り組むべき6項目を示す     
 (厚労省〜、9/10)

 厚生労働省は、「在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ」の第6回会合を開き、  これまでの議論などを踏まえた「在宅医療の充実に向けた議論の整理(案)」を示した。取り組むべき項目として、  @第7次医療計画の改善、A都道府県全体の体制整備、B在宅医療の取り組み状況の見える化(データ分析)、  C在宅医療の提供体制の整備、D在滝医療に関する人材の確保・育成、E住民への普及・啓発、…の6項目。

保健事業と介護予防の一体的実施に向けて検討開始        
(厚労省〜、9/6) 

 厚生労働省は、「高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施に関する有識者会議」の初会合を開いた。  高齢者の通いの場を中心とした介護予防・フレイル対策や、生活主看病などの  疾病予防・重症化予防と言った支援を一体的に実施する仕組みを検討する。11月下旬に検討結果をまとめ、  社会保障審議会の医療保険部会と介護保険部会に報告する予定。  

臨床研修医の採用実績は8,996人、昨年度から507人増   
 (厚労省〜、9/4)

 厚生労働省は、2018年度「医師の臨床研修医の採用実績」を公表した。  それによると、18年度の臨床研修医の採用実績は8,996人で、昨年度(8,489人)から507人増加した。

各省庁の公文書管理を監視する「公文書監査室」を設置    
 (政府〜、9/3)

公文書の適切な管理を徹底するため政府は、各省庁の公文書の管理状況を監視する「公文書監査室」を設置した。 公文書管理室のポストは政府CROとして局長級に格下げし、その下に「公文書監査室」を発足させる。

医師の働き方改革、「今後の議論を3つのトラックで」       
  (厚労省〜、9/3)

厚生労働省は、「医師の働き方改革に関する検討会」の第9回会合で、「今後の議論を3つのトラックで進め、 『医師の働き方改革を通じて医療を良くしていく』と言う大きなビジョンでまとめていく提案をし、了承された。 @働き方改革の議論を契機とした、今後目指していく医療提供の姿。A働き方改革の検討において考慮すべき、 医師の特殊性を含む医療の特性。B医師の働き方に関する制度上の論点。…を挙げている。

終末期の治療方針のガイドライン、「知らなかった」が89.2%     
 (日医政策機構~、8/28)

日本医療政策機構は、「2018年日本の医療に関する調査」を発表した。それによると、 厚生労働省が発表した終末期の治療方針の決定手順などをまとめたガイドラインについて「知らなかった」と答えたのは89.2%、 「知っている」との回答は10.8%だった。  

国民年金保険料の「3年経過納付率」は72.8%         
 (厚労省〜、8/31)

 厚生労働省は、今年6月末現在の国民年金保険料の給付率を公表した。各月の保険料が3年経過後、  2年経過後、1年経過後にどれだけ納められているかを示す「3年経過納付率」「2年経過納付率」  「1年経過納付率」をまとめている。それによると、「3年経過納付率」は72.8%で、対前年同期増減幅は+1.3%だった。  

以上

Copyright (C) ORAD Corporation. All Rights Reserved.